ゼルティック|切らない脂肪吸引でわがまま美ボディメイク|銀座セオリークリニック

Theoryクリニック

03-6228-6617

オンライン予約

進化した切らない脂肪吸引 セオリークリニックのわがまま美ボディメイク 施術詳細 進化した切らない脂肪吸引
セオリーのわがまま美ボディメイク
施術内容

ゼルティック(クール・スカルプティング)の凍らせる切らない脂肪吸引 ゼルティック(クール・スカルプティング)の凍らせる切らない脂肪吸引

  • 凍らせて脂肪を壊すゼルティック
  • セオリー独自の美ボディメイク
  • FDA認可
アプリケーターバナー
  • 凍らせて脂肪を壊すゼルティック
  • セオリー独自の美ボディメイク
  • FDA認可

ゼルティック(クール・スカルプティング)って何でしょう?

ゼルティック(クール・スカルプティング)は発表以来、高い脂肪減少効果が世界中で認められたことから、2009年にはまずカナダとEUで承認され、2010年にはアメリカでもFDA(米国食品医薬品局)の承認を取得。医学的な見地からも優れた脂肪減少効果と安全性が立証されている痩身機なのです。ゼルティック(クール・スカルプティング)の脂肪減少の仕組みは、脂肪細胞は、皮膚・神経・筋肉など他の組織よりも融点が高く4℃で凍るという特徴を利用したもの。皮膚の表面から4℃で冷却して他の組織には影響を与えずに、脂肪細胞のみを凍らせて自然に細胞死(アポトーシス)へと誘導するものです。死んだ脂肪細胞は2~4ヶ月かけて体外へ排出され、一度壊れると再生しない脂肪細胞の数自体がどんどん減って行くために脂肪層が減少して、リバウンドしづらい身体が出来上がります。なお、外科的手術ではないため、身体には傷も残らずダウンタイムもありません。施術中の痛みもなく、読書など、うとうとリラックスしている間に終わってしまいます。この4℃という温度を採用することで、まわりの血管や神経は何らダメージを与えず脂肪細胞のみを壊すことができるという選択制の治療です。

ゼルティック治療(クール・スカルプティング)はここがスゴイ!

従来の『切る脂肪吸引』は、麻酔を使用してメスやカニューレを身体に挿入するために、傷が残る、体調が崩れる、痛みや腫れなどのダウンタイムに悩むなど、お客様の身体への負担が非常に大きいものでした。でも、『切らない脂肪吸引』であるゼルティック(クール・スカルプティング)は、専用のアプリケーションを痩せたい部位に装着するだけ。麻酔も使用せず、体外から脂肪細胞へと働きかけるので、傷が残らず、治療中も治療後も痛みはありません。また凍らせることで気になるのが体内への影響ですが、油は水より融点が低いため脂肪は他の組織と比べて高い温度で凍るという性質があります。ゼルティック(クール・スカルプティング)はこうした油の特徴を活かし、脂肪だけをシャーベット状に凍らせながら、皮膚や血管など、他の大切な組織にはダメージを与えない温度に設定しました。このため、ゼルティック(クール・スカルプティング)なら、身体への負担は最小限で脂肪細胞だけをしっかり破壊することができます。また、シャーベット状に凍った脂肪はアポトーシス(不要となった細胞が自ら死滅すること)を起こして自然に体外へ排出されます。例えばオタマジャクシからカエルに成長する途中で尻尾がなくなるのも、アポトーシスによるものですが、壊死とは異なった自然現象なので身体に影響がありません。

脂肪細胞の数自体が減るためリバウンドの心配がありません

食事制限などセルフダイエットを行なうと、体内の脂肪細胞が徐々に小さくなっていきます。脂肪細胞が小さくなることで脂肪層の厚さが薄くなり、スリムな身体になります。でもここで「ダイエットが成功した」と思って食事制限をやめて今までどおりの食生活に戻すと、小さくなっていた脂肪細胞も元通りの大きさに戻り、以前と同じ体型へとリバウンドしてしまうことが多くあります。このため、まずは基礎代謝を下げない生活を心がけることが重要なのですが、毎日コントロールし続けるのはとても大変なこと…。ゼルティック(クール・スカルプティング)は、脂肪細胞を凍らせて体外へ排出するダイエット治療器です。つまり、脂肪細胞の数自体を減らすことができるので、リバウンドしにくい部分痩せが実現可能なのです。しかも治療はメスを使ったものではなく、専用アプリケーションで掃除機のように余分な脂肪を吸い込んで冷やすものなので、治療中は専用カップを装着したまま読書をしたり眠ったりすることができ、治療後も特別なケアが要りません。運動が苦手で、長期的なダイエットがどうしても続けられないという方も、これならただ横になっているだけで簡単に理想の部分痩せができます。

アプリケーターバナー

施術の流れ

カウンセリング&診察

まずは医師がカウンセリングでお身体の状態をチェックします。カウンセリングでは、気になる部位や仕上がりのご希望などをしっかりとうかがいます。当院ではカウンセリングから治療経験豊かな医師が診察を行い、体質や状態、仕上がりなどお客様のご希望に合った治療法を適切にアドバイスさせていただきます。

マーキング

まず施術部位をマーキングします。

専用ジェルパッド貼付

施術を行う部位に、専用のジェルパッドを貼ります。

吸引冷却(薬時間)

専用のアプリケーターションを装着すると、その中に皮膚・脂肪が吸引され、脂肪組織を冷却します。治療中は、このアプリケーションを施術部位に装着したままにしているだけ。その間は、読書などをしながらリラックスした状態でおくつろぎください。(約1時間)身体から専用アプリケーションを外せば終了です。治療後はそのままご帰宅いただけます。

従来の切る脂肪吸引との違い

  従来の切る脂肪吸引 ゼルティック
(クール・スカルプティング)
痩身効果
痩身効果
脂肪細胞自体を吸引して減らすため、痩身効果は高くリバウンドしづらい。

脂肪細胞自体を凍らせて体外へ排出し、減らすため、痩身効果は高くリバウンドもしづらい。
安全性
安全性 ×
血管を傷つけてしまったり、脂肪の過剰吸引や麻酔の失敗などで死亡事故も起きている。

脂肪が他の組織と比べて高い温度で凍る性質を活かし、脂肪だけが凍る温度設定で他の組織に影響させない。
施術中の痛み
施術中の痛み 全身麻酔のためなし
麻酔のため痛みは無いが、麻酔自体も量の調整は難しく、過去に死亡事故も起こっている。
なし
麻酔不要。吸引の感覚に慣れるまでの最初の5分ほどは、少し違和感を感じるのみで、痛みはない。
ダウンタイム
ダウンタイム 長期間あり
腫れや内出血による痣、筋肉痛のような痛みが起こることが多い。完治までには2~3ヶ月ほど必要。
ほとんどなし
多少赤くなる程度で、ダウンタイムはほぼゼロ。治療当日から入浴や運動などの日常生活が可能。
傷跡の有無
傷跡の有無 あり
施術を行なう医師が傷跡を目立たなくしてくれるが、ゼロにするのは困難。
なし
皮膚を切らずに体外から吸引するのみなので、傷跡は全く残らない。
仕上がりの美しさ
仕上がりの美しさ ×
滑らかな曲線にするのは熟練の医師がどれだけ丁寧に施術しても難しいと言われる。

メスを入れず、余分な脂肪細胞だけを確実に減らせるため、滑らかなボディラインが可能。
痩身可能な部位
痩身可能な部位 対応部位は限られている
全身どこでも出来るとは限らない上に、一度に痩身できる範囲が小範囲である。
アプリケーターが 装着可能な部位
アプリケーターが装着出来る部位であれば、全身どこでも痩身が可能。

症例ギャラリー 症例ギャラリー

30代 女性
●お悩み:大腿全体〜臀部下部
●着目点:脂肪吸引の手術後に、でこぼこが残ってしまったために来院された方です。 この凸凹を修正するべく、施術を行いました。 脂肪の厚みをならすためにはゼルティックが最適です。 残っている脂肪に集中的に作用するため、脂肪の厚みが均一になります。 ただし大腿内側はゼルティックがはまらないため、リポセルでの施術を行いました。
  • BeforeBefore
  • AfterAfter

さらに詳細をみる さらに詳細をみる

40代 女性
●お悩み:二の腕
●着目点:脂肪は柔らかいのでゼルティックを使用します。 施術後には圧迫のサポーター装着と、マッサージも行っていただきました。
  • BeforeBefore
  • AfterAfter

さらに詳細をみる さらに詳細をみる

Q&A Q&A

ゼルティック施術後に、腫れや痛みは残りませんか?
ゼルティック治療(クール・スカルプティング)はほとんど痛みがない施術法です。施術直後は、皮膚に赤みが残りますが、これは施術中に皮膚が吸引されたためであり、しばらくすると赤みはおさまります。ごくまれに内出血をおこすことがありますが、その場合も1週間程でおさまりますので、ご安心ください。なお施術後に違和感が残る場合は、お早めにご相談ください。

さらに詳細をみる さらに詳細をみる

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。ダイエットにご興味のある方はお気軽にご相談ください。

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ