スカルプシュア|切らない脂肪吸引でわがまま美ボディメイク | 銀座セオリークリニック

Theoryクリニック

03-6228-6617

オンライン予約

進化した切らない脂肪吸引 セオリークリニックのわがまま美ボディメイク 施術詳細 進化した切らない脂肪吸引
セオリーのわがまま美ボディメイク
施術内容

スカルプシュアの体外から溶かす切らない脂肪吸引 スカルプシュアの体外から溶かす切らない脂肪吸引

  • 凍らせて脂肪を壊すスカルプシュア
  • セオリー独自の美ボディメイク
  • 凍らせて脂肪を壊すスカルプシュア
  • セオリー独自の美ボディメイク

スカルプシュアって何でしょう?

世界では医療機関向けのレーザー開発は米国のみならず欧州各国やイスラエルそして韓国メーカーにより熾烈な競走となっています。
それぞれが独自の技術にしのぎを削るレーザー開発企業の中で、世界最大規模を誇るサイノシュア社が開発したレーザーによる痩身機器がこのスカルプシュアです。本国アメリカでは100施設以上に導入されており、すでに人気の切らない脂肪吸引機器となっています。

脂肪溶解現象のメカニズム

スカルプシュアでは1060nmダイオードレーザーを用いて脂肪溶解現象を引き起こします。このダイオードレーザーは 皮膚では熱を発生させずに脂肪層のみに熱を発生させる特徴があります。
この特徴を生かし脂肪層のみを確実に加熱することで脂肪細胞を破壊し脂肪減少効果を生み出すのです。

体外式レーザーと体内式レーザーの違い

レーザーによる痩身というと体内式と呼ばれる、脂肪層に挿入した光ファイバーの先端よりレーザー光を送出し脂肪層を溶かすというのが今までの形でしたが、脂肪吸引同様に、皮膚に穴を開けるため跡が残ってしまうというリスクがあることと、光ファイバーが熱で溶けることで体内に異物が残るリスクがあり日本では敬遠されていました。
しかしこのスカルプシュアは非侵襲型、つまり体外からレーザーを当てることで脂肪層を溶かし、部分痩身を実現するという画期的な技術を採用した機器であり、レーザーを用いた傷の残らない、切らない脂肪吸引が可能となった初めての機器なのです。

1,060nmダイオードレーザーによる脂肪融解

スカルプシュアは世界初の、「体外型レーザー」による痩身を可能にしました。体外式のレーザーで痩身を行う場合、レーザーには以下の条件が必要になります。
・脂肪に吸収されやすく(脂肪に熱を与えやすい)
・深いところ(3cmくらい)まで到達し、皮膚では吸収されないもの(主にメラニンや水に反応しないもの)
この条件を十分に満たすレーザーが、「1,060nmダイオードレーザー」と言えます。

▼1,060nm波長の特徴
・メラニンへの吸収性が低い
・すべてのスキンタイプに使用可能
・脂肪細胞への吸収性が高い
・到達深度が高い

ダイオードレーザーと聞くと脱毛施術に使われるのを想像しますが、ダイオードレーザーの特徴は波長を自由に変えられるところにあります。メラニンに反応しやすくすることで脱毛に用いたりするのですが、痩身目的では脂肪を溶かさなくてはなりません。そこで1,060nmのダイオードレーザーが開発され、スカルプシュアには搭載されていることで、脂肪を融解することが可能となりました。

25分という短い時間での施術が可能

1,060nmのダイオードレーザーを4つのアプリケーターから同時に照射していく治療器のため、25分という他の機器よりも短い時間での治療が可能となっています。
それを可能にしているのが脂肪組織の温度を自在に調整できるアプリケーターにあります。アプリケーターの先端からはレーザーが照射されるのと同時に、コンタクトクーリング機能により表面からの冷却を行いつつ、温度をモニタリングすることでターゲットとなる脂肪層の温度を42〜47℃に保つことで脂肪細胞を融解させます。温度モニタリング機能があることで火傷のリスクを回避することはもちろんのこと、快適に治療を受けることが可能になるのです。
他の機器が1時間という時間を要す中で、25分という短い時間での施術はお客様を負担を軽減します。

細かなデザインに対応が可能

4つのアプリケーターをデザインに合わせて自在に組み合わせ・配置することで、二の腕や側腹部などの複雑な形状にも対応ができます。 ※実際の照射は上の写真のようにアプリケーターを装着し、自動で機器が照射を行っていきます。

施術の流れ

カウンセリング

まずは医師がカウンセリングで施術部位、ブロック数の確認と脂肪層の状態をチェックします。

計測

施術部位の計測を行います。

照射

照射を行います。2種類の超音波、2種類の高周波を部位に合わせて調整しながら照射を行います。

計測

施術後の変化を測定にて判断します。この変化は今後の治療の目安となります。

従来の切る脂肪吸引との違い

  従来の切る脂肪吸引 スカルプシュア
痩身効果
痩身効果
脂肪細胞自体を吸引して減らすため、痩身効果は高くリバウンドしづらい。

脂肪細胞自体を溶解して体外へ排出し、減らすため、痩身効果は高くリバウンドしづらい。
安全性
安全性 ×
血管を傷つけてしまったり、脂肪の過剰吸引や麻酔の失敗などで死亡事故も起きている。

体外から超音波と高周波を照射して脂肪細胞のみに働きかけるので、内臓や血管組織は傷つけない。
施術中の痛み
施術中の痛み 全身麻酔のためなし
麻酔のため痛みは無いが、麻酔自体も量の調整は難しく、過去に死亡事故も起こっている。
なし
超音波が脂肪細胞のみに作用するため、痛みは感じられない。施術時間が通常約1時間のところ、約25分まで短縮。
ダウンタイム
ダウンタイム 長期間あり
腫れや内出血による痣、筋肉痛のような痛みが起こることが多い。完治までには2~3ヶ月ほど必要。
ほとんどなし
血行が良くなることで赤みが生じるのみで、それも一時的な変化。治療当日から通常通りの生活が可能。
傷跡の有無
傷跡の有無 あり
施術を行なう医師が傷跡を目立たなくしてくれるが、ゼロにするのは困難。
なし
皮膚を切らずに体外から照射するのみなので、傷跡は全く残らない。
仕上がりの美しさ
仕上がりの美しさ ×
滑らかな曲線にするのは熟練の医師がどれだけ丁寧に施術しても難しいと言われる。

高周波で脂肪層の繊維組織と皮膚を引き締め、むくみにくく、張りのあるボディーを作れる。
痩身可能な部位
痩身可能な部位 対応部位は限られている
全身どこでも出来るとは限らない上に、一度に痩身できる範囲が小範囲である。
全身ほぼどこでも可能
全身ほぼどこでも可能。顔や首後ろなどの難しい部位の部分痩せにも対応出来る。

症例ギャラリー 症例ギャラリー

30代 女性
●お悩み:大腿全体〜臀部下部
●着目点:脂肪吸引の手術後に、でこぼこが残ってしまったために来院された方です。 この凸凹を修正するべく、施術を行いました。 脂肪の厚みをならすためにはゼルティックが最適です。 残っている脂肪に集中的に作用するため、脂肪の厚みが均一になります。 ただし大腿内側はゼルティックがはまらないため、リポセルでの施術を行いました。
  • BeforeBefore
  • AfterAfter

さらに詳細をみる さらに詳細をみる

40代 女性
●お悩み:二の腕
●着目点:脂肪は柔らかいのでゼルティックを使用します。 施術後には圧迫のサポーター装着と、マッサージも行っていただきました。
  • BeforeBefore
  • AfterAfter

さらに詳細をみる さらに詳細をみる

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。ダイエットにご興味のある方はお気軽にご相談ください。

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ